つながり整骨鍼灸院グループの肘部管症候群施術

肘部管症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 小指・薬指・手のひらのしびれや痛み
  • 親指・人差し指を開いたり閉じたりする筋肉の一部が萎縮する
  • 小指・薬指の麻痺による変形(かぎ爪変形)
  • 鉛筆や箸を持つなど手の細かい動作が困難
  • 手の筋力低下(握力低下)

肘部管症候群とはどんな症状?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

肘関節の内側に肘部管というトンネルがあります。そのトンネルの中に尺骨神経という神経が入っているのですが、その尺骨神経が様々な要素で圧迫や引き伸ばされる状態を受け感覚の麻痺や運動の麻痺が出て、筋肉を萎縮(痩せる)させたりして障害が発生してしまう状態です。

初期の段階としては指のしびれや感覚の異常から始まります。

進行してくると少しずつ筋肉が萎縮(痩せる)して来たり握力が低下してきたりと動かすことが難しくなり、日常生活に支障が出始めます。そのため早期に対応することが重要になります。

※上記の様々な要素で圧迫というのはガングリオン(柔らかいゼリーのような腫瘍)があったり、スポーツなどによる骨折や脱臼後の変形(骨棘という棘が出て圧迫します)等です。このような状態だと圧迫を受け、不調が出やすい状態になります。

症状が改善しない理由とは?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

肘関節周りの筋肉は緊張しやすく、日常生活で手を酷使したり変形があると圧迫や伸ばされる状態を受けやすくなるので不調が戻りやすいです。

手は人間の体の中で最も繊細に動かしやすく、精密に出来ています。神経や血管も多く分布し非常に緻密に出来ています。

さらに現代人はパソコンやスマートフォンの使用が多く、上肢(腕全体)に負荷がかかりやすいと言われています。それにより肘関節に負担が来やすいのはもちろんの事、姿勢が丸くなったり肩周りに不調が出やすくなります。そのため肘に限らず肩に不調があったり、手首に不調があっても同様に肘関節に負担が移りやすくなりますので改善しにくいです。

鹿児島市・姶良市のつながり整骨鍼灸院グループの施術について|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

当院では、お身体のお悩みの根本改善を目指します。

肘関節・肩関節・手関節周辺の筋肉をほぐすマッサージ等の筋肉調整に加えて、必要な場合は電気治療を施します。

その後、肘部管症候群の根本改善を目指します。

さらに、必要であればサポーターやテーピング、姿勢の改善、ストレッチ、私生活指導を行います。

また、痛みが強い場合、負担がかからないように無理な施術はせず最小限の力で施術を行うことを心がけています。

もちろんガングリオンなどある場合は適切に判断し、つながり整骨院鍼灸院グループから適切な医療機関への受診が必要か判断することもできます。

執筆者:柔道整復師 つながり整骨院 和田院
院長 萩原 祐治(施術家歴16年)

患者様が怪我による痛みから解放されたり、健康になる事で楽しく自らの体に向き合うことができるような環境づくりに日々全力で励んでいます。
色々な症状でお困りの方もひとりで悩まれずいつでも相談してください!

HOME

店舗を探す

料金表

患者様の声

初めての方へ

スタッフ紹介

対応できる症状リスト

  • 採用情報
  • スタッフブログ