つながり整骨鍼灸院グループのO脚施術

O脚

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 立った時に左右の膝の間に隙間がある
  • 足がむくんでる
  • 股関節が痛い
  • 歩行時に膝が痛む

なぜO脚は起こるのか?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

O脚は、脚が外側に曲がったように見える状態です。 かかとを合わせてまっすぐ立っている人が、膝の間に空間があるように見えるときに発生します。

乳児は、子宮内での窮屈な位置のために、生後数か月でしばしばO脚を経験します。乳児に発生した場合、通常3 歳までに自然に治癒するため施術は必要ありません。

思春期の若者がO脚を持っている場合、その多くは過剰な体重または肥満の結果によるものです。O脚の原因の大部分は、膝の外側に体重がかかってしまっており、それによって骨盤の歪みや筋肉の付き方が変わっていき、O脚になってしまうという仕組みになります。

O脚では、膝に損傷が発生している可能性があります。通常膝は内や外にはあまり曲がらない構造となっているため、膝が大きく外側に曲がると、膝には不均衡な負荷がかかります。これは過度のストレスにつながり、内側半月板と関節軟骨の裂傷を引き起こし、腸脛骨バンドの痛みを引き起こす可能性があります。膝関節では骨と骨がこすれ、軟骨が裂けて剥離します。

肥満、激しい身体活動など、いくつかの要因が膝関節の衰えを加速させます。

O脚を持つ人の多くは、脛骨の回転不良またはねじれも持っています。これは、膝に比べて足が内側または外側に曲がることを意味します。 これには歩行中に足が外側に向いている場合や、ねじれが明らかな場合があります。たとえば、外脛骨捻転の患者は、足をまっすぐに、膝を内側にして歩く傾向にあります。

一般的な O脚に対する施術方法とは?症状が改善しない理由とは?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

通常、O脚を施術するための最初のステップは、資格のある開業医に診察してもらうことです。O脚には骨延長手術が有効ですが、四肢延長や変形矯正手術の経験が豊富な医師に診てもらうことが重要です。骨延長手術は、成人の O脚を効果的に施術し、身長が伸びる傾向にあります。

では、骨延長手術とは?

1950 年代初頭に米国に骨延長手術が導入されました。手術は、脚の骨の外側または内側に金属製のデバイスを固定することによって機能します。次に、変形を矯正できるように、骨に外科的切開を行います。その後、骨を解剖学的位置に移動するようにデバイスを調整します。このプロセスにより、隙間の間に新しい骨が形成されます。骨の高さと再構築は時間の経過とともに起こります。

骨延長手術は、足の骨の機能と可動性の回復にも役立ちます。

また、健康的な食事は、O脚などの奇形の改善に重要な役割を果たします。筋肉、ふくらはぎ、ハムストリングスを強化するための特定の定期的な運動も不可欠です。

また、サプリメントの服用なども効果があります。O脚を矯正するのに不可欠なサプリメントには、ビタミンDとカルシウムがあります。

サプリメントを服用せずとも、早朝や夕方の太陽の下で運動などをすることは、ビタミンDを増やす素晴らしい方法です。日頃の生活習慣などもO脚のお悩みの改善にはとても重要になってくるため、意識をすることが大切です。鹿児島市・姶良市のつながり整骨院グループでは、O脚に対してしっかりとアプローチし、根本からの改善をいたします。ぜひ一度ご相談くださいませ!

O脚に対する当院の施術方法とは?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

鹿児島市・姶良市のつながり整骨院グループが考えるO脚の原因は、骨盤の歪みが深く関係しております。普段からの体重のかけ方によって骨盤が歪み、結果的にO脚を引き起こしています。そのため、つながり整骨院グループでは、当院特有の骨盤矯正施術を行います。この施術はO脚のみではなく、その「歪み」をニュートラルに改善することで頭痛、貧血、むち打ち症、肩痛、腰痛、膝痛、神経痛と様々なお悩みを根本から改善します。

背骨や骨盤が歪むと、その周りにある神経や血管を圧迫し、痛み、しびれ、血行不良による様々なお悩みを引き起こします。つながり整骨院グループ独自の背骨・骨盤矯正は、歪んだ部分に直接アプローチすることで歪みを整えお悩みを改善します。O脚を根本から改善したい方は、ぜひ一度鹿児島市・姶良市のつながり整骨院グループにご相談ください!

執筆者:柔道整復師 つながり整骨院 姶良平松院
院長 田中 洋平(施術家歴14年)

お一人お一人に本気で向き合い、お悩みの症状改善に全力で取り組みます!一緒に頑張りましょう!

HOME

店舗を探す

料金表

患者様の声

初めての方へ

スタッフ紹介

対応できる症状リスト

  • 採用情報
  • スタッフブログ