つながり整骨鍼灸院グループの反り腰施術

反り腰

反り腰とはどんな症状?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

反り腰とは、腰が前に反っている状態を言います。

その原因は骨盤の開きと前傾だと考えられます。

本来は閉じている骨盤が開いていると、骨盤が前傾になり、身体全体のバランスがうまく取れなくなり、身体の後ろに重心がかかり、反り腰になりやすくなるのです。

また、骨盤が開いたままだと内臓の位置も安定せず正しい位置に収まることができなくなります。

反り腰は下腹部がぽっこり出ている人が多く、男性よりも女性に多いのが特徴です。​​

なぜ反り腰は起きるのか?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

反り腰の原因

骨盤や背骨を支えるお腹の筋肉やお尻、太ももの筋肉が硬くなり柔軟性が低下することで骨が筋肉に引っ張られ反り腰になります。

妊娠中や産後に反り腰になる人が多いのは、お腹が大きくなると同時に重さで前に重心が倒れないように腰を反りバランスを取るためです。

猫背の場合は、自然に前を見ようとして腰を反る姿勢になってしまいます。

原因

①筋力低下

反り腰の原因として一番多いのは、正しい姿勢を保つための筋力の低下です。

姿勢を保つために使われる筋肉は、首、背中、おなか、太ももなどにあります。

運動不足や加齢により、筋力の低下が起こり、姿勢が悪くなると骨盤が前傾になります。骨盤が前に傾くと、体はバランスを取ろうと、腰が後ろに反るため、反り腰になってしまうのです。

②椅子の座り方

お仕事がデスクワークの方は、椅子の座り方が反り腰の原因となっている場合もあります。

長時間のパソコン作業・事務作業は、前傾姿勢になりがちです。

前傾姿勢は腰に大きな負担がかかるため、その負担を軽減しようと、腰を反った状態で椅子に腰掛けています。

座っているときは無意識のことが多く、身体の癖になっていることが多いです。

③ヒールの高い靴を履いている

ヒールの高い靴は、踵が上がりつま先重心になります。

履いているあいだは坂道を下るような体勢になりますから、前傾姿勢を戻そうとして、自然に骨盤が前に傾きます。骨盤が前に傾くと、バランスをとるために反り腰になってしまうのです。

ヒールの高い靴を日常的に着用している場合は、これが反り腰の原因となっている場合があります。

④体型の変化

肥満や妊娠などの体型の変化から、反り腰になることもあります。

肥満や妊娠でおなかが出ると、重心が前に傾き、おなかの重みを支えて立とうとすると、腰を反らせた姿勢をとるようになります。

お腹が前に出てバランスを取ろうとする為、股関節痛の原因にもなります。

症状が改善しない理由とは?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

反り腰を改善する為に筋トレをする方が多いですが、筋トレだけでは姿勢の改善は見込めないからです。

脳が反り腰の姿勢を正しいと誤認識してしまっています。

その状態で筋トレをしても正しいポジションにない為、不調が改善しづらい状態です。

まずは正しい身体のポジション・使い方を再認識させることが非常に重要です。

鹿児島市・姶良市のつながり整骨鍼灸院グループの施術について|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

まずは身体の正しい使い方を再認識させることが非常に重要です!

当グループでは、身体の使い方を再教育する為に、マンツーマンで行うメニューがあります。

それがキソトレ です

キソトレとは足関節、股関節の柔軟性を向上し、骨盤の使い方を理解させる

自分の身体の状態を実感してもらい、正しい身体の使い方を学んで行きましょう!

反り腰でお悩みの際は一度ご相談されてください!

執筆者:鍼灸あん摩マッサージ指圧師 
鍼灸マッサージ治療院つながり
院長 中村 智(施術家歴14年)

私が施術家を目指したきっかけは、学生時代に、怪我で悩まされた事がきっかけで現在に至ります。最善の知識と技術の研鑽に努め、早期改善をお約束します。

HOME

店舗を探す

料金表

患者様の声

初めての方へ

スタッフ紹介

対応できる症状リスト

  • 採用情報
  • スタッフブログ