つながり整骨鍼灸院グループの野球肘施術

野球肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肘が痛い
  • 物が持てなくなった。持つと肘の内側がズキっと痛む
  • スポーツで投げれない、振れないが増えてきた

野球肘とはどんな症状?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

野球肘とは正式には内側上顆炎と呼ばれます。野球選手やその他のスポーツ選手に多く見られる肘の怪我の一種です。主に、投球やスローイングの動作で、内側上顆部に負荷がかかることで、内側上顆部の炎症が起こります。炎症が起こると、内側上顆部の腱や靭帯が痛みや腫れ、熱感、違和感などの症状を引き起こします。

内側上顆炎は、主に投球やスローイングの選手に見られますが、他のスポーツにも見られることがあります。また、肘を頻繁に曲げたり伸ばしたりする作業を行う人にも発生することがあります。この症状は、若い選手に多く発生することが多く、野球選手の場合は、小学生から高校野球や大学野球など幅広く見られます。

放置すると離断性骨軟骨炎に繋がるリスクもあります。

肘の離断性骨軟骨炎は、主に投球動作をする野球選手などのスポーツ選手で発生することが多い疾患です。過度の投球やストレート球、カーブ球などの技術を習得するための繰り返し練習により、内側髁部に強い負荷がかかることが原因とされています。また、若い成人期にも発症しやすいとされており、成長期に過度な運動を行うことで、発症することがあります。

症状としては、肘の内側に痛みが生じたり、腫れたりすることがあります。さらに、肘を伸ばすことができなくなったり、力が入らなくなることがあります。投球時に痛みを感じたり、肘の内側に小さな骨が動く様な違和感がある場合には、肘の離断性骨軟骨炎が疑われることがあります。

なぜ野球肘は起きるのか?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

野球肘の原因

内側上顆炎が発生する原因は、肘に負荷をかけることが多いためです。スポーツ選手は繰り返し同じ動作をすることで肘に負荷がかかり、野球肘を引き起こすことが多いです。一方、一般の人でも、手や肘を多用する仕事をしていたり、不適切な姿勢で長時間座りっぱなしになっていたりすると、肘に負荷がかかり、内側上顆炎を引き起こすことがあります。

運動不足や年齢による筋肉や関節の衰えも原因の一つです。野球肘を予防するためには、肘に負荷をかけないようにすることや、適切な姿勢や運動を心がけることが大切です。

改善しない理由とは?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

野球肘は、状態が改善しにくい場合があります。その理由については以下のようなものが考えられます。

1.施術を中断することが多いこと:野球肘は、改善するのに時間がかかる疾患の一つです。しかし、期間中に改善しないと、施術を中断することが多く、施術期間が短くなってしまいます。期間が短いと、完全に症状を改善することができず、再発する可能性が高くなります。

2.肘にかかる負荷を避けることが難しいこと:野球肘は、肘に負荷をかけないようにすることが必要です。しかし、肘は日常生活で多用する場所であり、完全に負荷を避けることができないため、施術期間中に状態が悪化することがあります。

3.進行具合:野球肘は、進行度合いによって、施術期間が長くなることがあります。

施術期間が長くなると、慢性化して完全に状態を改善することが難しくなります。

鹿児島市・姶良市のつながり整骨鍼灸院グループの施術について|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

当院では、痛みの根本改善を目指します。野球肘の競技復帰までのポイントとして

1.痛みの有無:痛みがなくなり、痛みが再発しないようであれば、競技復帰を検討することができます。

2.運動制限期間:一般的に、運動制限期間を守り、十分な休養をとった後、競技復帰を検討することが重要です。

3.機能改善:治療後、機能が改善し、筋力が回復したことが確認できれば、競技復帰を検討することができます。

4.姿勢・動作の改善:サポーターや運動療法により、姿勢や動作の改善がみられた場合、競技復帰を検討することができます。

痛みを取る事は当然ですが、特に3.4の姿勢や動作の改善に力を入れて取り組んでおります。

痛みが改善しても体の使い方にエラーや柔軟性が足りないままだとどうでしょうか?また痛みが戻ってしまうリスクが高いので、当グループでは「キソトレ」というメニューをご提案させて頂きます。

体の柔軟性、安定性、動作の改善に効果がありますので、しっかり予防まで取り組んで再発リスクを無くしていけます。

「このまま痛みが続くのかな…」「痛みの原因がわからない…」「スポーツができない…」「成長期なので心配」と不安な方は、ぜひ一度ご気軽にご相談ください。つながり整骨院グループでは、放置せずに適切な処置を施すことができる独自の整体技術と予防メニューがあり、多くの方から好評いただいております。

つながり整骨院グループでは、体のメンテナンスのために沢山の方が通っておられます。

野球肘は放置せず、一度、鹿児島市・姶良市を中心に9店舗展開中のつながり整骨院グループへご相談ください。

お困りの方は是非一度ご相談ください!

執筆者:柔道整復師 つながり整骨院 城西院
院長 久保田 翔(施術家歴18年)

日々、仲間達と切磋琢磨しております!
お身体の事で、どんな些細な事でもお悩みがあれば、いつでもご相談ください!

HOME

店舗を探す

料金表

患者様の声

初めての方へ

スタッフ紹介

対応できる症状リスト

  • 採用情報
  • スタッフブログ