つながり整骨鍼灸院グループの仙腸関節炎施術

仙腸関節炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 椅子に座っていると腰からお尻にかけて痛みがある
  • 腰に刺すような鋭い痛みがある
  • 腰が痛くて寝れない
  • 痛みをブロック注射で抑えている
  • 腰の痛みのポイントが自分でも分かる

仙腸関節炎とはどんな症状?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

仙腸関節炎は、何らかの原因で骨盤を形成する仙骨と腸骨の間で炎症が生じ、鋭い痛みを伴う疾患のことを言います。

CTやMRIなどの検査では特に異常は認められず原因不明と診断されることもあります。

ぎっくり腰の後に仙腸関節付近に痛みが残る場合や、、中腰での作業が多い方、妊娠中や出産後に症状を訴えることが多くみられます。

仙腸関節炎では痛みを訴える場所がピンポイントで、鋭い痛みがあることが特徴になります。

仙腸関節とは?

骨盤を形成する仙骨と腸骨を結ぶ関節になります。

関節は靭帯で固定されている為動きは少ない関節になります。

なぜ仙腸関節炎(症状)は起きるのか?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

仙腸関節炎の原因

仙腸関節炎は、仙腸関節に負担をかけてしまうことが痛みの原因です。

座位の姿勢が長時間続く方や中腰での作業が多い方はリスクが高くなります。また妊娠中や出産後は特に症状を訴える方が多くいます。

長時間座位が続くことによってそれだけでも骨盤に対して負担がかかってしまいます。

またその状態で足を組んだり、姿勢を崩したまま長時間座位の状態が続くことにより仙腸関節の一部に負担がかかり続けます。

すると仙腸関節の周りにある靭帯が縮んだり、緩むことにより通常は動きが少ない仙腸関節に歪みが生じてしまいます。これが最大の原因と考えられます。

また妊娠中や出産後は仙腸関節に対し強大な負担がかかることにより仙腸関節炎になることが多くみられます。

症状が改善しない理由とは?|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

仙腸関節炎ではCTやMRIでは原因が分からず、ブロック注射や痛み止めで痛みを抑えることがほとんどです。

またコルセットなどで腰を固定し痛みを和らげることもあります。

一時的には痛みは緩和されるとは思いますがそれでは痛みの根本的な改善とはなりません。

根本的な原因となっている仙腸関節自体の歪みを改善することがまずポイントとなります。

また歪みを作ってしまっている普段の姿勢や筋肉の緊張、筋力低下、体の使い方を改善させることが仙腸関節炎を繰り返さないことに繋がってきます。

鹿児島市・姶良市のつながり整骨鍼灸院グループの施術について|鹿児島市・姶良市 つながり整骨鍼灸院グループ

つながり整骨鍼灸院グループでは、症状の根本改善を目指します。

関連する筋肉の柔軟性を高める施術に加えて、姿勢の改善、ストレッチ、生活指導を行います。

また、痛みが強い場合、負担がかからないように無理な施術はせず、必要最小限の負荷で施術を行うことを心がけています。

「このまま痛みが続くのかな…」

「痛みの原因がわからない…」

「傷跡が残らないか不安…」

「早く運動できるようになりたい」

と不安に思っている方はいらっしゃいませんか?

つながり整骨院グループでは、放置せずに適切な処置を施すことができる独自の技術があり、多くの方から好評いただいております。

つながり整骨院グループでは、体のメンテナンスのために沢山の方が通っておられます。

打撲は放置せず、一度、鹿児島市・姶良市を中心に9店舗展開中のつながり整骨院グループへ是非一度ご相談ください!

執筆者:柔道整復師 介護福祉士つながり整骨院 吉野院
院長 荒殿 巧己(施術家歴9年)

スポーツの現場に携わりたいという思いから施術家を志しました。
患者様一人一人に合った治療方法で悩みや問題を解決し、痛みのない身体作りを提供していきます!

HOME

店舗を探す

料金表

患者様の声

初めての方へ

スタッフ紹介

対応できる症状リスト

  • 採用情報
  • スタッフブログ